ファミリークレジットの最高換金率96%は信じてはダメ!

ファミリークレジットのホームページを見ると、最高換金率が96%となっています。

 

96%の換金率と言うのは、非常に高い換金率で、こんな換金率でクレジットカード現金化をすると、通常なら赤字になります。

 

ファミリークレジットの最高換金率は、信じることができません。

 

安全な銀行で日本全国即日借入可能

▼専業主婦も旦那に内緒で借入可能▼

静岡銀行カードローン申込

 

ファミリークレジットの換金率表

ホームページに記載されている、ファミリークレジットの換金率表を紹介します。

利用金額 スーパー即日プラン 応援キャンペーンプラン スタンダードプラン
3万円〜30万円 88% 90% 92%
31万円〜50万円 90% 92% 94%
51万円〜100万円 94% 96% 応相談
送金までの期間 即日(当日)入金 3日〜5日で入金 7日〜10日で入金

 

上記の換金率表では、応援キャンペーンプランの5万円以上の利用で、最高換金率の96%が適用されています。

 

スタンダードプランの51万円以上の利用は、応相談となっています。

 

この場合、最高換金率の96%を超えることもあるというのでしょうか。

 

その辺りが明記されていないので、何とも言えませんね。

 

ただ、ファミリークレジットの換金率表は、他のクレジットカード現金化業者とは違い、利用金額は100万円までしか書かれていません。

 

ショッピング枠が100万円超のクレジットカードは、ゴールドカード以上でないと難しいので、あえて記載していないのかもしれません。

 

また、2枚以上のクレジットカードも利用できるそうですが、よくある質問の中で、1枚ずつ個別の契約になると書かれています。

 

ということは、余程のことでない限り、100万円以下の利用になるのでしょうね。

 

換金率について

 

ファミリークレジット現金化換金率

ファミリークレジットの換金率表と、ホームページの他のページを見比べてみると、ファミリークレジットの換金率について、いくつかのあり得ないような矛盾点が出てきます。

 

トップページの最初の方(TOP画像の下)に、ファミリークレジットのメリットという大きな見出しがあります。

 

そのメリットとは、

  1. 別途手数料(合計6%)当社負担。
  2. 女性のお客様 換金率+1%

ということになっています。

 

別途手数料が何かは、詳細は書かれていませんが、6%となっています。

 

何に対する6%なのかも記載されていません。

 

もしも、利用金額の6%なのであれば、スーパー即日プランの51万円以上、スタンダードプランの31万円以上で、換金率と手数料の合計が、商品代金の100%になります。

 

応援キャンペーンプランの51万円以上の利用なら、102%となります。

 

また、女性には、換金率をさらに1%アップするように書かれています。

 

クレジットカードの加盟店手数料

ファミリークレジット加盟店手数料

クレジットカードで商品を販売すると、販売店にはクレジットカード会社から商品代金が支払われます。

 

しかし、全額が支払われるわけではありません。

 

販売店は、クレジットカード会社に対して、商品代金の1%〜10%程度の加盟店手数料を、支払う必要があるのです。

 

加盟店手数料の率は、販売店の業種や信用によって決められます。

 

仮に、加盟店手数料が5%だとすると、単純に計算して、換金率が95%を超えると赤字になります。

 

しかも、ファミリークレジットの場合、先ほど見たように手数料分6%を負担したり、女性に換金率を1%アップすると、88%の換金率で利益が0になります。

 

ファミリークレジットの換金率表を見ると、最も低いスーパー即日プランの3万円から30万円の利用が、88%の換金率です。

 

最高換金率の96%はおろか、換金率表最低の88%の換金率でも利益はありません

 

やはり、ファミリークレジットは、専業主婦や女性の方には、危険極まりないクレジットカード現金化業者ではないでしょうか。

 

もしも、あなたが専業主婦で、どうしてもお金が必要なら、審査が非常にゆるくなっている地方銀行のカードローンに申し込んでみましょう。

 

消費者金融ではお金が借りられない専業主婦の方も、総量規制の対象外である銀行のカードローンなら、審査が通る場合も多いのです。

 

来店不要ネットで手続き完結

▼那に内緒で50万円即日借入▼

しずぎんカードローン